弊社の紹介

2022年4月19日

寧波拓普集団股份有限公司(Ningbo Tuopu Group Co.,Ltd)は、上海証券取引所に上場している、技術プラットフォーム型の自動車部品会社です(証券コード: 601689)。主に自動車用動力シャーシシステム、トリムシステム、インテリジェント運転システムなどの分野の研究開発と製造に取り組んでいます。

 

拓普グループは1983年に設立され、中国の寧波に本社を置き、40年間にわたり自動車産業に専念してきました。グループには、動力シャーシシステム、トリムシステム、域想智行とロボット駆動の4大事業部で構成され、主に衝撃吸収システム、内外装トリムシステム、車体軽量化、シャーシシステム、スマートコックピットパーツ、熱管理システム、エアサスペンションシステム、インテリジェント運転システム、ロボットアクチュエーターなどの製品を生産しています。

 

グループは常に研究開発とイノベーションを重視し、世界的なプロジェクトをサポートする研究開発センターと最先端の機器を備えた試験センターを所有しています。拓普は、最先端の研究開発技術、製造技術、品質管理とグローバルな供給能力を基盤として、多くの国内外の自動車メーカーと良好な協力関係を確立しており、アウディ、BMW、ステランティス、GM、吉利、フォード、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、HiPhi、理想、NIO、Xpeng、RIVIAN、LUCIDなどの自動車メーカーのグローバルパートナーとなっています。